北軽井沢の夏

北軽井沢
Mt.Asama view from the meadow
ルオムの森の朝
“LUOMU no mori ” early in the morning

真夏の早朝、ルオムの森へ。
まだ、人影もまばらで リスたちの活動時間。

帰り道、刈り取られた牧草地の先に
浅間山の雄姿。
天明の噴火からの復興、戦後の開拓、と苦難の歴史をその底に湛えながら
四季を通じて美しい北軽井沢!

そして、その一角に残った古い森の中に佇む建物。

どんなに有名なところより、絶景といわれるところより
ここに来ることができれば、幸せだ、と思うのです。

浅間連山 晩春

浅間連山
Mt.Asama and surrounding mountains

5月初旬 いつもの年よりも早く ズミの花が満開になりました。
咲き始めのピンクのつぼみと純白の花 やわらかい若葉の色が
林の中 道路沿い あちこちに目立ちます。
他にも ガマズミ、ノイバラ、ウツギなどこの時期は白い花が
多いように思います。

爽やかな空気に誘われて 国道144号線に続く畑の中の道をドライブ。
南パノラマラインの名の通り、浅間連山から白根の方向の山々まで
見渡すことが出来るコースです。
嬬恋村から見ると 浅間山よりも隣の黒斑山が大きいように見え、
長野県側から見る景色とは少し雰囲気が違います。

噴煙の多少、流れる方向、色などは何となく気になります。
友人と居ても 浅間山が見える場所ではそういうことが話題になります。
活火山の山裾での生活。豊かな自然の姿は、火山によってもたらされています。