冬の森で見つける物語-ルオムの森の企画展

寒さ厳しい北軽井沢の森の中で 冬を楽しもう!という企画です

動物たちや小鳥たちと親しくなるには冬が一番です

ほんの少しでも 食べ物をプレゼントしたら みんな喜んでくれます

雪の中の足跡はまっすぐなもの 同じところでぐるぐる回っているもの

急に途切れてしまうもの(木に飛び移ったリスでしょうね)

そんな追跡をしているだけでも時間のたつのを忘れます

雪の森に 遊びに来てください

http://luomu.jp

 

 

2019年の冬

2019年の冬
Winter 2019

 

 この冬に入ってから、山に行く機会が見つからず そろそろ春の足音が

聞こえてきている。

ただ、SNSのお陰で 山の便りが届くのはうれしい。

人の少なくなった森の中を キツネが堂々と歩いている、

リスはナラの木に巣を作って飛び回っている、そんなポストを

見ながら、ルオムの森の冬景色を描いてみた。

リスの子育ては冬の間なので、きっとキツネの様子を伺いながら

用心深く 巣を出入りしているのだろう。

春には、子リスをくわえて引っ越しをする母リスを見かけるかもしれない。

雪の少ない冬だったらしい。

ふと、樹木の害虫のことを思い出した。

厳しい寒さを免れた年は、害虫の発生が多くなるとか…

自然界は 複雑なようで 実は非常に理論的に 正確に

動いているのかもしれない、と不思議な気がする。