サクラソウ

サクラソウとニホンリス
Primula and squirrels

 

北軽井沢の 民家の間に残った雑木林の中に 偶然発見したサクラソウ。
かつては、荒川の河川敷などにも群生していたとか。開発に追われて
あるいは、盗掘され、最近では特別に保護されたところで生き延びているようです。
これはもう数年前ではありますが、かなりの株が かわいい花を
自然な環境で咲かせていました。
近所の方たちが、大切に守っておられたのかもしれません。
その後どうなったか、今年はこの場所を訪ねてみようか、でも 怖いような…
30年ほど前のスケッチブックに描いた花は、今では見かけないものも何種か
あります。

追記: 先日、北軽井沢を通った折、以前とは違う場所でしたが サクラソウを
見つけました。民家の敷地の片隅でしたが、数株がきれいに咲きそろっていて
ほっとしました。(2018年5月)

 

エナガ

エナガ
Long-tailed Tit

 最近、エサ台の仲間になったエナガたち。
ピンポン玉に尾羽がついたような…という
表現がぴったりの、かわいい小鳥です。
夜明けとともに、11~13羽が一度にやってきて、
細かいクルミの粉などを丁寧につついて
食べて行きます。
ヒガラが一緒に止っています。

モミの木の雪化粧

雪の森
Snowy forest

 モミの木をすっぽりと覆う雪。
リスが枝に飛び移ると小さな雪崩のように雪が飛び散ります。
庭の積雪は80㎝ほど。長靴が埋まってしまいます。
2014年は豪雪に阻まれて、4月まで 山小屋に
来ることができませんでした。大自然が牙をむけば、
この地に昔から暮らす方々とは違い、一歩下がって
おとなしくしているしかありません。

6月の白い花

 

6月の白い花
Little,white flowers in June

6月は白い花が多いような気がします。
ハート形の葉は、ヒメマイズルソウ。
蔓に咲いているのはチョウセンゴミシ、
数枚の葉の中央に白い花、はツマトリソウ、
とても細い茎のオオヤマフスマ。
オオヤマフスマなどは、1本では見落とすほどの
小さい花ですが、別名ヒメタガソデソウ。
優雅な名前です。