2021年夏

2021 Summer

 

時々遊びに行く『LUOMUの森』。 最近まで大規模なフィールドアスレチックがありました。

今は、森の樹木を保護するために設備が取り外され、今までゆっくり見ることのなかった角度か

建物の姿を見ることができます。

こちら側が 100年ほど前に建てられた時 正面玄関だったとのことです。

入口には 馬をつなぐ場所があります。

北軽井沢の森の中に、往時の主は馬車で訪れていたのでしょうか。

コロナウィルスの蔓延は いつ収束するのか先の見えぬまま。

ワクチン接種はしたものの、静かな山の中に『県外ナンバー』の車で入っていくことは

躊躇してしまいます。

これは 7月初めのスケッチ。

大好きな高原の夏を 今年もゆっくり味わえぬまま 時間が過ぎていきます。

 

小さい額絵

横長は 2Lサイズ。正方形は10㎝角の小さい作品です。

石けりのようなゲーム、”かごめかご”のような遊び…

マザーグースの詩を添えて リスたちの幼稚園風にしてみました。

40年前 子どもたちの遊びの中でよく耳にしたメロディーは

時々思い出されて

雨が続くと ”Rain, rain go away…”と 口ずさんでいたりします。

                            大好きなアガサ・クリスティのサスペンスにも マザーグースは

使われていますね。

 

朝もや

春先の朝もや
Morning haze

 

  山の3月は 雪がほとんど消えても、木の芽が伸びるには まだ寒い。

    それでも雑木林の梢は 赤紫を帯びて 山は 柔らかい色合いになってくる

谷に朝靄が立ち込め 土の匂いが春を告げている。

今は、こんな景色なのだろう、と想像する。

        2019年の暮れから COVID-19という新型の感染症が 世界中に広がっている。

     先の見えない病気との闘いに疲れたかのように 世の中には不穏な空気が

      溢れているような気がする。とにかく 誰にでもできることは極力 人との

     接触の機会を減らす、ということで 山にもずいぶんご無沙汰している。

      でも 想像することはできる、山の季節の移り変わりを、動物たちの営みを…

        人間以外の生き物は いつもの年と変わらず春を迎えようとしている。

クルミ集め

walnuts trees of the valley

 標高1000mの山でも 確かに 年々暑さが厳しくなってきています

それでも 9月半ばを過ぎれば、クルミの実も収穫時期。

リスたちは 『ちょうどよい時期』を 知っているようです

深い谷に沿う斜面には クルミの木がたくさん育っています

人間が取りに行くのは一苦労でも リスたちにとっては

何の問題もないようです。

梅雨の晴れ間

浅間牧場
Calves in Asama pasture

2020年 長い梅雨が 7月20日を過ぎても続いています

毎年のように 各地で豪雨被害が起こる、

世界中が コロナウィルスの蔓延で 様変わりしている上に

各地で起こる自然災害の規模も 年々大きくなってきている…

連日の大雨が1週間ほど続いたのち 突然 晴れ渡った朝を迎えました。

弾かれたように出かけて行った先は 浅間牧場

牛たちが 三々五々草原を歩き 草を食べています

取り残された1頭が 仲間のところに走ってきました。

牧場の牛が走る姿を見たのは 初めて。

説明版をみると ここに放牧されている牛は あちこちの農家から

預かった仔牛とのこと

なるほど 身軽な印象です。

柵の外側の草地には ナワシロイチゴやシモツケ オカトラノオ

カラマツソウなどが花盛りで 無数のヒメシジミが集まっていました。